男の人

損することなくマンション売却をする方法を伝授

売却するステップ

模型

媒介契約と売却まで

マンション売却は不動産投資、住み替え、資金調達などの目的でする人が多いです。特に東京では中古マンションが人気で、売却すれば高値がつきます。マンションを売却するときには、不動産会社と媒介契約を結びます。東京都内にある中古マンションなら、東京都内で沢山マンション売却を沢山している優秀な不動産会社を選ぶことをお勧めします。媒介契約をすると、不動産会社がマンション売却活動をしてくれます。ホームページ、不動産総合サイト、チラシ、不動産情報誌などにマンション売却情報を掲載し、東京都内で買ってくれる人を探します。マンションを買いたいという人が来たら、実際にマンション内部の下見をしてもらう作業があります。下見はマンションを買うか買わないか決める重要な要素です。気に入ってもらえるように、整理整頓しておくことをお勧めします。気に入ってくれた人は、不動産会社に購入申し込みをします。そして価格の細かい交渉をして、マンション売却が成立です。購入申し込みから1週間くらいに媒介契約を交わした不動産会社で売買契約を結びます。売買契約のときにマンション価格の10%程度の手付け金をうけとり、残金は引き渡しのときに全額受けとります。また、マンション売却をする売り主も、不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。仲介手数料はマンションの価格の3%が目安です。売買契約をするときと引き渡しのときに分割して支払うのが普通です。

マンションを高く売るには

東京では年間を通して中古マンションの需要が非常に多いため、売りたいと感じたら早めにマンション売却をするのが、高く売るコツだといえます。一括査定サービスなども利用して、スピーディーにマンション売却を進めましょう。

高値で売却するには

東京でマンション売却を成功させるにはタイミングが重要となってきます。そのためには焦ってマンション売却をするのではなく、住宅情報誌や住宅情報サイトなどを利用して競合相手の有無などを事前に確認しておくことが大事になってきます。

マンションを売る基礎知識

不動産会社を介して所有している中古マンションを売るには、様々な必要な書類、そして必要な諸経費があります。東京で段取りよくマンション売却をするために、自分で用意できるものは早めに用意しておくのがお勧めです。